架橋ポリエチレン管って何?

あまり普段の生活で利用しないものですが、実は生活の中で利用されているというのが、架橋ポリエチレン管です。

特に女性には「?」が浮かぶものだと思いますが、何かの故障があったとき、知ることがあるかもしれません。

この架橋ポリエチレン管は、熱可塑性プラスチックという鎖状になったポリエチレンの分子を結合させて作られるものです。

つまり網目構造になった超高分子量ポリエチレンのことを、架橋ポリエチレンと呼びます。

この架橋ポリエチレン管は、耐熱性、クリープ性能(プラスチック管の実用的強度)ともに高くなっています。

通常のポリエチレン管ではなく架橋することによって、性能が向上しますので耐熱老化しそうな場所や、薬品等が利用される場合などにとても強いものとなるのです。

家庭でも、建物内の給水や冷暖房の配管、床暖房の配管などに利用されているんですよ。